のりひと鍼灸整骨院〒141-0032 東京都品川区大崎4-2-2 タツミビル3階

受付時間

03-6417-4583

根本改善

当院の口コミ

のりひと鍼灸整骨院のスタッフブログ

腹に始まり、腹に終わる。五反田駅、大崎駅から徒歩5分!のりひと鍼灸整骨院2019.1.29

腹に始まり、腹に終わる。五反田駅、大崎駅から徒歩5分!のりひと鍼灸整骨院

こんにちは、のりひと鍼灸整骨院の越水です。

私が、かつて学んだ整体の道場では、

「腹に始まり、腹に終わる。」

と言われるほど、お腹を大切に観ていました。

達人レベルになると、お腹の整体だけで体全体を治療しているそうです。

私も、腰の治療では、お腹を触診します。

筋肉レベルでは、腹横筋という筋肉が、腹巻のようにお腹と腰を包んでいます。

また、内臓の異常個所が、背中に関連痛として現れたりします。

内臓は膜で包まれていて、その膜は、他の臓器や筋肉、骨と連結しています。

内臓の膜が固くて、つっぱてしまうと、

膜についている筋肉や骨を引っぱってしまい、腰、ひいては体全体を歪めてしまいます。

したがって、私は、お腹や背中を触診している時は、

皮膚表面上に、内臓や内臓の膜を投影しながら鍼や指圧マッサージをしています。

もちろん、私は医者ではないので診断はできません。

しかし、お腹や背中の、どの辺りが固いのか(実の状態)、力がないか(虚の状態)は、ある程度わかります。

私の復習もかねて、これから、しばらく初心者でもわかるように、内臓について、書いていこうと思います。

 

鍼灸は、気(エネルギー)と血(栄養)を整えることを目的としています。

食べ物を消化して吸収して、「気」と「血」ができます。

消化管の働きが悪いと、体表に症状として現れます。

ですので、消化管の位置や機能を理解して施術した方が、患者さんのためになります。

患者さん自身も、自分の胃や肝臓の位置がある程度わかっていた方が、

お腹のあたりが、痛くなった時に役に立つと思います。

ただ漠然と「お腹が痛い。」よりも、「胃から十二指腸にかけてのあたりが痛い。」と分かった方が

不安の度合いも低くなります。

(専門的には、お医者さんに診断してもらってくださいね。)

消化器系です。

消化管は、口腔→咽頭→食道→【横隔膜】→胃→小腸(十二指腸→空腸→回腸)→大腸(盲腸→上行結腸→横行結腸→下降結腸→S状結腸→直腸)→肛門

というルートが基本です。

十二指腸には肝臓、胆嚢、膵臓から胆汁や膵液が流入します。

十二指腸→空腸→回腸を小腸といいます。

栄養と水分の大部分は、小腸で吸収されます。

盲腸→上行結腸→横行結腸→下降結腸→S状結腸→直腸を大腸といいます。

小腸で吸収されなかった水分を大腸で吸収します。

そして、固形物となって直腸に送られ、糞便として体外に排泄されます。

まずは、消化器系の全体図を頭に入れておきましょう。

 

五反田駅、大崎駅から徒歩5分!のりひと鍼灸整骨院

 

----

東京都品川区大崎4-2-2 タツミビル3階(エレベエーター有)

 

TEL:03-6417-4583

 

公式HP:http://norihito-tiryouin.com/

-----

 

 

  • ネット予約
  • 当日予約

〒141-0032 東京都品川区大崎4-2-2 タツミビル3階アクセスマップはこちら

営業時間 日/祝
9:00~21:00

受付時間9:00~20:00まで(日曜は16時まで)。上記時間外でも相談に応じます。
※研究会や学会参加等の日は臨時休の場合が有ります。
※施術中の時は電話に出れない場合がごさいます。
こちらから折り返しご連絡させて頂きます。

お問い合わせ・ご予約はこちら。03-6417-4583

当院へのアクセス情報

のりひと鍼灸整骨院

受付時間

〒141-0032
東京都品川区大崎4-2-2 タツミビル3階
アクセス:JR五反田駅西口より徒歩5分